2012年05月29日

ラ・マンチャの男

「一番憎むべき狂気とは、 あるがままの人生に折り合いをつけて、 あるべき姿のために戦わないことだ!」

華やかなミュージカルではないけれど、心の充実感は半端ないです。劇中劇のスタイルなので少しややこしいのだけれど、観れば観るほどはまっていく舞台です。

今回の博多座公演では、初っ端の5/6と千秋楽の5/28の公演を鑑賞しました。
千秋楽って良いですね。役者の皆さんも観客の皆さんも清々しさと寂しさが入り混じった感じでとても好きです。

さて、昨日の博多座千秋楽。

アンコールでは、全出演者とオールスタンディングの観客の皆さんで " 見果てぬ夢" を大合唱。
最後の最後のアンコールでは、幸四郎さんがソロで " 見果てぬ夢~The Impossible Dream~" を英語で熱唱してくれました。
もう涙が出そう、いつまでも拍手が鳴り止まないのでした。

‎10年振りの博多座ラマンチャ、しっかりと堪能させていただきました!

残念ながら見逃された方、次は8月に東京・帝国劇場で上演されますよ! 

by Y

DCIM0450.JPG DCIM0449.JPG DCIM0448.JPG DCIM0447.JPG DCIM0446.JPG DCIM0445.JPG
posted by Yさん、Kさん at 16:46| Comment(0) | 日記

2012年05月23日

金環日食〜奄美大島〜

市内の呉服屋さん有志の集まりである「福岡呉服のれん会」。4月に開催した共同催事「きもの赤札市」の打上げと大島紬の視察を兼ねて、鹿児島県・奄美大島へ行って来ました。

初めての奄美だったのですが、降り立った時から島の伝統産業である大島紬振興への力の入れ具合がビシビシ伝わります。空港や名瀬の街の案内板、ホテルや商店の壁飾りやテーブルセンター等々、いたるところに大島紬が使われていました。職人さんたちが技と時間をかけて丁寧に織り上げた大島紬を私たちが大切に皆さまにお届けして行かなければと再認識しました。

さて、
奄美の自然の素晴らしさは皆さまご存じの通りですが、一つだけ行ってみたい場所がありました。

それは「田中一村記念美術館」。

田中一村は生前に作品を公表する機会もなく、晩年に奄美に渡った孤高・不遇の画家と呼ばれた人です。画風の素晴らしさは、赤札市で10年間お世話になっている京友禅作家の阿部容子さんからもお聞きしていました。その力強さ美しさは、彼の背景と重なり胸に深く届きます。皆さまもぜひ一度「田中一村」を検索してみてください。


それからそれから、やっと今回のタイトルの「金環日食」。これに合わせて日程を組んだわけではないのですが、見れました! 前日の予報を覆してなんと朝日が差しているではありませんか。

完全な金環日食のコースからは外れていましたが、どうぞ奄美大島・名瀬からの画像をご覧ください。

by Y

nisshoku.jpg
posted by Yさん、Kさん at 13:15| Comment(0) |

2012年05月02日

南の島旅A

今回は南の島旅・石垣島編です(^o^)/

西表島から石垣島までは高速船で移動します。
この航路には数社が運行していて船のサイズがまちまち。今回はサイズの小さい船にあたったのですが、これがスピード感満点、ジェットコースター並みに飛び跳ねます。行きの船では食べれたお弁当なんてとても食べれそうにありませんでした(予定はありませんでしたが…)。

さて、肝心の石垣島!
レンタカーで一日のんびりドライブです。事前にネットで隅々までリサーチして準備した自信のルートです。が、やり過ぎは良くありませんね、出発前から2、3度行った気分になってしまったのでした。

ドライブしたのは、宿泊したフサキリゾートを出発して石垣やいま村、川平湾グラスボート、ヤエヤマヤシ群落、米原ビーチ、玉取崎、バンビドー観光農園、やいまにモール。もろ観光バスコース?いやいや初めてなんですからまずは要所を押さえておかないと(;^_^

一番印象に残ったのは玉取崎展望台からの景色です。 まさに絶景!これぞ石垣島!な素晴らしい眺め。
島を取りまく波立つリーフを境に、エメラルドグリーンからコバルトブルーへと変化する海の色は最高でした。一日中ながめていたい、そんな気分になりました。



そうそう、途中に素敵なお店にも寄りましたよ。
一つは米原ビーチ近くにある「碧海工房」。ここで素焼きの可愛いシーサーの壁掛けを購入。道路沿いにぽつんとある小さなお店でしたが、サンゴを使った小物なんかもあって素敵なお店でした。

もう一つは玉取崎にある「UliUli Cafe」。白い壁に赤い屋根、開放的な大きな窓にIKEAの調度品の素敵なカフェ。大きな石垣バーガー(UliUliバーガー)には、ずっと石垣牛!と言っていた息子たちも大満足。 気持ちの良い時間がながれる素敵な空間でした。


そしてこれは外せない!(きもの屋ですから)、八重山ミンサー織の小物のお土産も購入しましたよ。


西表島、石垣島。
いつかこんな素敵な島に住んでみたいなあ。

by Y


169.jpg  sisa.jpg
posted by Yさん、Kさん at 13:05| Comment(0) |