2012年10月17日

カブ隊と山へ

先日、ボーイスカウト・カブ隊のお手伝いで福岡市内の油山に登って来ました。油山は標高597mの手軽に山歩きが楽しめる、自然散策路として市民に親しまれている山です。

しか〜し…油山、なめてました。スカウトたちは歩く、休む、走る、拾う、捕まえる? さらに行程の6割方は階段状になっていて、運動不足のおじさんは最後はヒザに来てしまいました。近々予定している久住山は果たして大丈夫なのか…とはいえ、秋の自然を満喫した一日でした。

ところで、なぜ私がカブ隊のお手伝いを? 実は昨年まで、ビーバー隊長に始まり、カブ隊、ボーイ隊の各隊長を務めさせていただき、現在は団委員として活動のお手伝いをしているのでした。



油山の由来…ウィキによると「6世紀にインドから渡来した清賀上人が、油山観音正覚寺で日本で初めて椿の実からツバキ油を精製したことに由来する」そうです。


DCIM165.jpg

山頂からの展望…能古島-のこのしま、志賀島-しかのしま-海ノ中道を通じで陸続き、玄海島-福岡西方沖地震で甚大な被害を受けました。

by Y
posted by Yさん、Kさん at 11:48| Comment(0) | 日記